「考えない、感じることについて」 ~大切な人がうつ病になったら~⑧



◆⑧:うちの妻は、すごいよな。◆




――夫さんは、移住されてから体調は良くなったのでしょうか?



夫さん

一回ひどいことになったから……

あれを考えると、なんて言ったらいいんだか……


メムさん

仕事でトラブルというか、上司との関係性がちょっと、って時があって。

仕事が終わってから、深夜まで5時間も6時間も説教する上司だったんです。



――それは、ひどい。



メムさん

あの時は、ぜんぶ旦那が悪いってことになってたんです。

ちゃんとやらないから悪いんだ、って。説教の仕方もねちっこいんですよ。

どう答えても、怒られる方向に持っていく。

ストレス発散に使ってるんじゃないか、っていうくらい。


あの時は本当、どん底までいきそうだったよね。

家に帰ってきてから、旦那が悔しさで暴れたこともあったりして。


もう限界だったのがわかったんで、『仕事なんか、どうとでもなるからやめれ!』

って言って。で、有給使って休みながら、転職して新しい職場に移った感じです。



――どんなブラック企業でも、辞めるのはすごくエネルギーがいりますよね。

今後の生活費をどうしよう、とか。



夫さん

そういった不安がつきまとうから、『我慢しないとダメだよなぁ……』

って、限界が来るまでずっと悩み続けて。揺れる感情との、戦いですよね。


メムさん

そんなの、倒れた方が困るじゃないですか! だから私はその時は、

『生活費なんて、後で考えればいい』と思って、辞めるように言いました。



――仕事はアイデンティティと強く結びついていることも多いため、辞める決心がなかなかつかない人も多いようです。



メムさん

アイデンティティなら、<私の夫>ってのがあるじゃないですか。

それを否定するんですか、って思います。



――仕事がなくなる話と、命がなくなるかもしれない話なら、命の方が大事に決まっている……私はメムさんのその考えに非常に共感します。


ただ現実として、そういう選択肢をとれず、過労死してしまう人は多いです。仕事を辞めたくてもパートナーから「生活費をどうするつもりなの? ちゃんと働いてよ!」と強く求められる方も多いようです。




夫さん

そういう意味では……うちの妻は、すごいよな。(笑)

危機に陥った時の、決断力。



メムさん

生活の不安はあるんですけど、でも、『公的機関に相談すればいいんじゃない。

いざとなれば生活保護でもいいんじゃない』って。

仕事なんて、探せばありますからね。



――はい……ですが、繰り返しになりますけども、仕事と命を天秤にかけて、仕事を選んで命を落とす人は大勢おられる。


メムさんがそうやって、<自分が大切にすべきものの芯をぶらさないでいられる>のは、

なぜなんだろう、と。そこが知りたくて今回は、函館までお話を聞かせていただきに

来たんです。……夏季休暇の旅行も、兼ねてますけど。




メムさん

なんでだろう。まあ……なんとかなる、と思って。


夫さん

なんだろう……ある意味、楽観的なんだろうか?


メムさん

楽観的というか、信用も信頼もしてるんですよ。

『今はダメでも、動けるようになれば、なんとかなるだろ』って。

そのためには休養が必要だから、休めば、って。


もし休まないで余計に体調を悪くして、

復帰するまでに何年もかかったりしたら、その方が辛いじゃないですか。



――休むことで、周囲の目が気になる人も大勢います。



メムさん

他人は他人、自分は自分、です!

私は、他人の目を気にしてるとキリがないことに気づいてから、楽になった感じですね。



――わかるのですが、皆が皆、心の底からそう思って行動できるかは……難しいことです。





その⑨へ、つづきます。



うつ病になった大切な人をサポートする人が、

「うつを通して大切なひとをもっと愛せるようになる」ための情報が集まるサイトです。

ご連絡はTwitterかFacebookのDMなどでお願いいたします。

  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン